サラダとフルーツが大敵!

 一般的にダイエットとか体質改善というと、カラダに必要な栄養だとか、食品のカロリーに焦点があたり、重要視される傾向にあります。しかし、マクロビオティックでは、素材そのものの性質がとても重要になります。


 現代はトマトやきゅうりなどの夏野菜が一年中食べられます。そのため、野菜の“旬”が分からない人が増えていると思われます。日本は四季のある国です。旬の味が大切にされてきた国なのです。

旬のもの、食べてますか?

 暑い地域で収穫される野菜は、身体をゆるめて冷やしてくれるし、寒い地域でとれるものは身体を締めて温めるものが中心となります。食べ物というのは、その土地に合ったものがよく育つようにできているのです。
実は、季節に合わないものを食べ続ければ、だんだんとカラダが冷えてしまうことになります。そのせいで、冷え性や低体温になる人も。そして、冷えでもっとも怖いのは、免疫力が下がることなのです。病気は体温が低いときにかかりやすくなります。
cafr.gif また、フルーツや甘いものを常食するのも危険! 砂糖たっぷりの甘~いケーキは極陰性です。摂りすぎてしまうと確実に冷え性とってしまいますよ。
健康的だからと、季節に構わず生野菜のサラダやフルーツばかり口にしているあなた。
大好物なの~と、甘いおやつばかり口にしているあなた。
冷え性ではありませんか?
順に、旬の食材や食物の陰陽表をご紹介していこうと思います。旬の食材を知り、マクロビオティックの陰陽の考えに基づいた食事を心がけるだけでも、カラダがうんと軽くなると思いますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ