マクロビと記憶力

マクロビオティックの提唱者である桜沢如一(さくらざわゆきかず)氏は健康の七大条件というのを挙げていますが、その中に「もの忘れをしない」という項目が入っています。それって良くすることができるの?と不思議に思いません?


桜沢氏によると、記憶力は年とともに増していくものなんだそうです。記憶力というのは、限りなく高められて、見聞したどんなことでも忘れないまでにさえなれるらしいのです。

マクロビで可能? 記憶力アップ

 おどろくべき例が報告されているのですが、記憶力を無くしてしまった糖尿病患者が、マクロビオティックによって、たちまちその記憶力を回復できたそうです。マクロビオティックをしっかり実践することで記憶力を回復し、無限にまで強化することができるなんて、ホントに不思議ですよね。単なる体質改善とかダイエットの域を超えています。
 また、フランス在住のある哲学者の女性は、夫と4人の子供といっしょに、記憶力と体質の強化のためにマクロビオティックの食事を始めたそうです。3年ほど経って、学習能力に異常があると思われていた14歳の長女が、3年ほど経ってクラスで一番の成績になったそうです。婦人が驚き、喜ぶのも無理はない話です。
日本でマクロビで記憶力が良くなったという話は聞きませんが、フランスでは知られていることなんだそうで、日本で生まれたマクロビはまだまだ私たち一般人には浸透してないということの現れなのでしょうか。ますますマクロビに興味が出てきちゃいますよね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ