玄米の栄養バランス

マクロビにはなぜ玄米? 玄米と白米を比較すると、玄米の炭水化物やたんばく質は白米とそう変わりませんが、血液をつくるのに必要なビタミンB群や、カルシウム、食物繊維、微量ミネラルなどさまざまな栄養がバランスよく豊富に含まれているからです。


平均的なお米を分析した数字ですので、長年にわたって無農薬栽培された力のある玄米なら、成分表以上の栄養が期待されます。無農薬の玄米は味が豊かで生命力が高く、農薬の害も心配ない安心安全のお米ですので、選ぶ場合はなるべく「無農薬」「オーガニック」表示のある玄米にしてくださいね。

玄米と白米の栄養成分比較

玄米 白米
たんぱく質 6.8g 6.1g
脂質 2.7g 0.9g
炭水化物 73.8g 77.1g
カリウム 230mg 88mg
カルシウム 9mg 5mg
マグネシウム 110mg 23mg
ビタミンE 0.6mg 0.09mg
ビタミンB1 0.41mg 0.08mg
ビタミンB2 0.04mg 0.02mg
ナイアシン 6.3mg 1.2mg
ビタミンB6 0.45mg 0.12mg
食物繊維 3.0g 0.5g

参考:五訂食品成分表

rice.gif

栄養素の働き

たんぱく質 体組織、酵素、ホルモン等の材料。エネルギー源
脂質 生体内ではエネルギー源、細胞構成成分
炭水化物 活動を支えるエネルギー源
カリウム 余分な塩分を体外に排出し血圧上昇を防ぐ
カルシウム 骨の主要構成要素。細胞の多くの働きや活性化に必須
マグネシウム 生活習慣病の予防となる
ビタミンE 老化防止ビタミン。低下している免疫機能を高める
ビタミンB1 補酵素として糖質及び分岐鎖アミノ酸の代謝に不可欠
ビタミンB2 気力と体力の維持。皮膚や粘膜の健康に欠かせない
ナイアシン 疲労回復ビタミン
ビタミンB6 脳内の神経伝達物質の合成を助ける
食物繊維 有害物質を体外に排出する力のもと
サブコンテンツ

このページの先頭へ