マクロビオティックの代表食「玄米」

 マクロビオティックを実践する上で、欠かせないのが「玄米」です。玄米にはタンパク質や糖質以外にもビタミンB1や食物繊維などがたっぷり含まれていて、栄養の宝庫と言われています。

玄米で体質改善

 ビタミンB1は代謝を促進し、疲労回復や脳を活性化させ、食物繊維は有害な物質を体外に排出し、便秘を防ぎ、大腸がんなどを予防します。高脂血症やコレステロールの低下を助けたりと、成人病の予防もしてくれます。
 玄米を食べ続けて、体質が改善された例はたくさあり、「体調が良くなった」「便秘が解消された」「イキイキしてきた」などなど、いい事だらけです。

玄米はダイエット&美肌にも効果的

 さらにいいことと言えば、女性にとってはかなりうれしい「ダイエット」にも効果を発揮するということです。玄米は稲の一番外側の米の籾殻(もみがら)だけを除去したものですから、歯ごたえがありモチモチしていますので、食べるときも良く噛まないといけません。そして、よく噛むことにより、満腹感が早く出るので、いつもよりご飯の量は少なくなります。
 また、食物繊維が豊富ですので、便秘が解消され、肥満の防止、さらには中性脂肪も減少してきます。ということは、つまり美肌効果にもつながることになります。
しかし、玄米の効果は分かっていても、なかなか毎日は難しいという声が多く、「美味しくない」とか「炊き方が分からない」とか馴染めない理由が多いようです。現在では、玄米のおいしい炊き方など、書店やインターネットでも簡単に調べることができますので、あなたに合った方法を見つけて、ぜひ玄米生活でマクロビオティックを実践してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ