マクロビ的 豆腐チャンプルー

沖縄料理のチャンプルーは、さまざまな野菜を組み合わせることで、いろいろな味を楽しめます。マクロビオティックレシピでは、回し切りした玉ねぎを使ってみました。

豆腐チャンプルー

材料(2人分〉
070404.jpg木綿豆腐 1丁(300g)
そうめん 1/2束(約25g)
玉ねぎ 小1個
あさつき 適宜
ごま油

こしょう
しょうゆ
作り方

  1. 豆腐はぎるにのせて、自然に水きりします。
  2. そうめんをやや堅めにゆでて、冷水でしっかり洗ってざるに上げておきます。
  3. 豆腐を厚さ1cmの食べやすい大きさに切ります。玉ねぎは回し切り、あさつきは小口切りにします。
  4. 温めたフライパンにごま油大さじ1をひいて、豆腐を入れ、両面に焦げ目がつくまで焼きます。焼き色がついたらフライパンから出しておきます。
  5. 4のフライパンに、さらにごま油大さじ1をひいて、玉ねぎとあさつきを中火で炒めます。
  6. 5に、そうめんと焼いた豆腐を加え、かるく炒め合わせます。
  7. 塩・こしょう少々、醤油大さじ1を入れて味をととのえます。

チャンプルーと言えば定番の具材は、そうめん、豆腐、もやし、ニラ、紅しょうが、ですよね。けれども、特に野菜の種類はこだわらず、旬の野菜を入れて陰陽を取り入れれば、たちまちマクロビオティックメニューにチェンジできます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ