リジュベラックジュース

アン・ウィグモア博士という方が考案した「リビングフード」をご存じですか?
欧米では一般的に生食ベジタリアンを「ローフード」と呼んでいますが、リビングフードというのは単なる生食のことではなく、消化、吸収、排泄、再生を追求したものなんだそうです。


と難しい話は置いておいて、リビングフードで使われる基本のドリンクとして「リジュベラックジュース」があげられます。リジュベラックは、生野菜や果物をたっぷりと食べて、活きた酵素をたくさんカラダに摂り入れましょうという食事法で、マクロビオティックと少々通じるところもあるのです。
このリビングフードのひとつであるリジュベラックは小麦などを使って作るのが一般的なようですが、キャベツを使ったキャベツ酵素ジュースなら手軽に作れるレシピですよね。血液循環や新陳代謝を活発にしてくれる酵素のチカラを存分に実感できることと思います。

リジュベラック(キャベツ酵素)ジュースの作り方

材料

  • 有機栽培のキャベツ:1/4~1/2個くらい
  • ミネラルウォーター:500~800ミリリットル
  1. キレイに洗ったキャベツをざく切りにします。
  2. 1とミネラルウォーターをミキサーでよく混ぜます
  3. 2をガラスのピッチャーに入れ、ラップで軽くフタをして室温で3日程度発酵させます。
  4. 3日経って漬け物のような酸っぱい匂いになったら、3をガーゼなどでこして別のガラスのピッチャーに移し替えて、冷蔵庫で保存します。

清潔なピッチャーを使います。発酵状態を見て3日間程度置きます。目安はピッチャーの底の方が透明になってくること。異臭がしたり、白カビが生えてしまった場合は残念ながら失敗です。が、私は何度か作っていますが、まだ失敗したことはありません。そんなに神経質にならなくても大丈夫そうですよ。
こしてからは3日以内に飲みきる方がいいようです。できれば、朝昼晩と一日3回に分けて飲みましょう。もし飲みきれなかった場合は、スープや煮物などのお料理に使ったり、入浴剤代わりにお風呂に入れてもOKです。
私はストレートで飲みますが、もし飲みづらい場合には、倍の水で薄めたり、他のオーガニックジュースで割ったりしても大丈夫です。
頑固な便秘が改善されたり、肌質が変わったり、うれしい変化が待っていますよ♪ 多少の手間はかかりますが、なるべくきらさないように3日置きに作り続けるのがベストです。
とにかく一度試してみてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ