マクロビおやつは“のほほん”でいこう

バターや生クリームがたっぷり使われた洋菓子は、カロリーが高め。分かっちゃいるけど辞められない…そんなおやつタイムに選ぶお菓子をマクロビ的に見直してみませんか?


カロリーの高い動物性脂肪が使われている洋菓子は、カロリーが高いだけでなく、血管を詰まらせるなどカラダに負担をかけがちです。また砂糖を一度にたくさんとると、血糖値が急速に上がり、そのあと反動で下がります。
これを繰り返すと、低血糖症となる恐れもあり、すい臓に負担がかかって糖尿病のリスクまで加わります。また血糖の余剰分は皮下脂肪となって、たぷたぷお肉の元に!

素朴なおやつ

昔からある日本のおやつを見直してみましょう。
昔は、おせんべい、ふかしいも、干し柿など、動物性食品や白砂糖を使わない、のほほんとした素朴なものでしたよね。
必ず必要なものではないけれど、楽しみとして、ストレス解消として欠かせない“おやつ”だからこそ、カラダの負担が少ないものに替えてみてはどうでしょう。

小豆かぼちゃのごましるこ

材料(1人分)と作り方

  1. 小豆かぼちゃ100グラム、練り黒ごま大さじ2、水1/2カップ、米あめ50ミリリットルを鍋に入れて混ぜ、中火で温める。
  2. 玄米餅1/2枚を食べやすい大きさに切って焼く。器に1を盛り、お餅をのせてできあがり。

siruko.jpg

サブコンテンツ

このページの先頭へ