トップページ > ウォーターサーバー事始め >  ミネラルウォーターの種類

ミネラルウォーターの種類

ミネラルウォーターの種類

スーパーやコンビニなどで広く売られているペットボトル入りのお水も、ウォーターサーバーを使うお水も、すべてがミネラルウォーターというワケではありません。

ミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインによると4種類の呼び名がついています。

  • ナチュラルウォーター
  • ナチュラルミネラルウォーター
  • ミネラルウォーター
  • ボトルドウォーター、飲用水

売っているお水をすべてミネラルウォーターだとひとくくりにしてしまう人が多いと思いますが、厳密に言うと、4つの種類に分かれます。なお、この区分は農林水産省によるものです。

ナチュラルウォーター
特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌のみを施して容器詰めされた水。ミネラルの有無は問われません。

ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水(地表から浸透し、地下を移動中又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水をいう)を原水としたもの。手を加えない自然の状態でミネラル分が含まれているお水です。

ミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的などのためにミネラル調整し、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合などが行われているもの。

ボトルドウォーター、飲用水
ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーター以外のもの。
最近話題の海洋深層水は、海水を逆浸透法などによって淡水処理した水ということで、一般的にはボトルドウォーターに分類されます。

軟水と硬水

軟水 は、カルシウムやマグネシウムのイオン含有量が少ない水で、飲用や炊飯に適した水。日本では、カルシウムとマグネシウムの量がリットル当たり178mg未満(硬度178)の水のことを軟水と言います。
水本来のおいしさが感じられ、喉ごしもいいため、料理や飲み物の味が引き立ちます。

硬水 は、硬度の高い水。アメリカやヨーロッパの水に多く、カルシウムイオンやマグネシウムイオンが多量に含まれています。
硬度が高いほど、新陳代謝を促し、便秘解消効果などもあると言われています。

軟水と硬水

このページの上へ