トップページ > ウォーターサーバー事始め >  ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーのメリット

アメリカやヨーロッパでは、ウォーターサーバーによるミネラルウォーターが、ごくごく自然に飲用されています。日本では、会社・病院などの法人利用が多くみられます。あなたも、携帯ショップエステサロンなどで目にしたことや口にしたことがあるでしょう。

昨年あたりから、企業だけでなく、一般家庭にも普及し始めてきました。ウォーターサーバーによるメリットはいろいろありますが、使ってみてあまりの快適さに驚く人も多く、利用者の口コミでどんどん広まっているのです。

無料お試しを行っているところがほとんどなので、一度その快適さを実感してみませんか?

宅配だからラクチン!

買い物がラク

食の安全を考える人が増えてきて、お水も買う時代となってきました。昔はスーパーでペットボトルのお水を買っていた人も、買い物が楽になるということで宅配に頼る方が多くなっていますね。

浄水器は、残留塩素やカビ臭といったものを取り除いてはくれますが、トリハロメタンをはじめとする有機塩素化合物や赤サビなどに対応している機器は多くありません。

高額で優れていると言われる機器でもカートリッジを定期的に交換しないと逆に雑菌が繁殖してしまう場合も! 浄水器は案外初期投資が高額で、カートリッジの交換のランニングコストもかなり高くつくのが現状です。

このページの上へ

ゴミ削減でプチエコ!

ゴミ削減

ウォーターサーバー取扱業者によって違いはありますが、どちらもちょっとしたエコになるのが、使い終わったボトルの扱い。基本的に次の方法のどちらかとなります。

ボトル回収
繰り返して使うことができるリターナブルボトルを使用。空になったボトルは新しいお水を配達する際に同時に回収してくれます。環境にやさしく、ゴミを出さず、リサイクルの手間も一切かかりません。

ボトル使い捨て
リサイクルごみや不燃ごみとして捨てることができるボトル。2リットルのペットボトルを6本捨てるのと、12リットルを1本捨てるのとでは、手間もスペースも取りません。また、容器によってはハサミで切ることができるので、最後の1滴まで利用することが可能です。

このページの上へ

温水・冷水がスグに飲める!

温水・冷水がスグ

ウォーターサーバーなら、買ってきたお水を冷やしたり、やかんやポットで沸かしたりといった手間や時間から解放されます。

ウォーターサーバーにウォーターボトルをセットし30~40分ほどたてば、冷水と温水がいつでも使える状態となります。

また、押すだけでは注水されない安全装置であるチャイルドロックがついているウォーターサーバーがほとんどなので、万が一のやけどなどを未然に防ぐことができ、小さいお子さんがいらっしゃる家庭でも安心です。

このページの上へ

赤ちゃんのミルクにもOK!

赤ちゃんのミルクにもOK

ウォーターサーバーのミネラルウォーターなら、煮沸の必要もなく、お湯と冷水をそのまま調乳することで、赤ちゃんのミルクにも利用することができます。

ミネラルウォーターで調乳するのはダメ」と言われる場合のミネラルウォーターとは、ミネラル含有量の高い硬水のことを指しています。硬水を使うと、赤ちゃんが脱水症状や発熱を起こす場合があるからです。(軟水と硬水の違い)

本サイトで紹介しているミネラルウォーターは、30前後の軟水なので(一部バナジウムウォーターを除く)、赤ちゃんのミルクにも問題なく使えます。妊婦向け雑誌でも取り上げられてますし、産婦人科での利用例などもありますので、安心してくださいね。

このページの上へ

災害時の備蓄水に

災害時の備蓄水

比較的水に恵まれた日本ですが、災害などの不測の事態により環境は一転してしまいます。電気・ガス・水道のライフラインが寸断されると、復旧にかかるのは約3日間。生命を維持させるためには成人で1日に約2.5リットルの水が必要だといわれています。

家族数×2.5リットル×3日分
のお水をストックしておくことで、必然的に水を循環させながら、ムダなく備蓄することができます。

このページの上へ